<< 「語る側」から「聴く側」へ | main | 太陽が止まる奇跡・太陽が戻る奇跡 >>
教会の「炊き込みご飯」
0

     今日の礼拝後の
    昼食は
    福音館名物の
    一つ「炊き込みご飯」でした。

    小学生のおともだちが4人
    会堂となりのプレハブで
    行われた
    G-KIDSという
    子供クラスを終えて
    一緒に昼食を
    とりました。

    小学4年生のSちゃんに
    とっては
    生まれて
    はじめてのメニューだったのでしょう。

    「これはなあに?」

    「それはひじきだよ。」

    「これはなあに?」

    「それはごぼうだよ。」

    次から次へと
    お箸でつまんで
    質問してくれました。

    「甘ーい」

    と喜んで
    食べてくれていました。

    教会で
    食事を
    する時に
    子供たちから
    ご高齢の方まで
    いると
    あたかも
    大きな家族で
    食事をしているようで
    本当に
    嬉しいものですね。

    イエス様も
    この地上に
    おられた時に
    弟子たちと
    一緒に
    食事をすることを
    いつも
    楽しみにしておられました。

    Sちゃんが
    大きくなってからも
    「小さい頃
    教会で
    お昼に
    炊き込みご飯を
    食べた」

    という記憶と共に
    主イエス様の
    十字架の命がけの愛を
    思い出す事ができたら
    嬉しいなと
    思いました。

    イエスは言われた。
    「わたしは、
    苦しみを受ける前に、
    あなたがたといっしょに、
    この過越の食事をすることを
    どんなに望んでいたことか。
    (新約聖書 ルカの福音書22:15)


    にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村




    カテゴリ:- | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1582370
    トラックバック