大草原の小さな「教会」
0

    (2017.3.24)

     

    来月から神学校へ進む長男坊と

    標茶原野に

    ある標茶イエスキリスト教会へ

    行ってまいりました。

     

     

    私の知る限り敷地面積(約3千坪!)が

    おそらく

    北海道内最大の教会

    「標茶イエスキリスト教会」

    牧師さんがいないにもかかわらず

    毎週日曜日の礼拝

    毎週2回の祈祷会を

    欠かさず続けておられます。

     

    私は、毎月1回

    聖書の学びのためにご依頼を受けて

    ご訪問させていただいています。

     

    今回は

    皆さん、心をこめて

    長男のために

    お祈りを捧げて下さいました。

     

     

    昔の写真の数々を見て懐かしむ・・・

     

     

    14年前、息子が小学2年生の時(赤ジャンパーが長男)

    標茶イエスキリスト教会を

    お訪ねした時

     

     

     

     

    酪農家に嫁がれた奥様方が

    招かれていました。

     

     

    いつも、聖書の学びの後は

    心こもったおもてなしの愛

     

    かつて

    神奈川県の教会の

    第1の枝教会だったことが

    ありました。

    その当時は牧師さんが、

    遠く神奈川から毎年、

    飛行機で標茶まで来られて

    皆さんの信仰を励まされて

    おられたそうです。

     

     

    皆さん、素敵な歌声で

    「リバイバルは、標茶から〜」

    と賛美してくださいました!

    ハレルヤ!

     

     

     

    帰り際の激励

     

    「神学校での学びが祝されて

    世界中にキリストの福音を

    伝えてくださいね!」

     

    小さな群れよ。

    恐れることはありません。

    あなたがたの父である神は、

    喜んであなたがたに御国をお与えになるからです。

    (新約聖書 ルカの福音書12:32)

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!
    カテゴリ:- | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    「精米機」
    0

       

      友人からいただいた玄米の

      精米をしていただけるところを

      捜して

      行ってまいりました。

       

      すべてのお米屋さんに

      精米機があるものだと

      思っていましたら

       

      何と

      釧路で

      精米機を置いているのは

      たった一軒の米穀店だそうです。

       

      5分搗きでお願いしました。

       

      まず石を除去するそうです。

       

      幸い石は全く交じっていませんでした。

       

       

      もう一台の精米機へ

      入れます。

       

      頭出しというのを

      先に行います。

       

       

      五分撞きです。

       

       

      さすがはプロ

      一粒も

      こぼしません!

       

      出てきたぬかはぬかで

      いただきました。

       

      しかし、おまえの上に再びわが手を伸ばし、

      おまえのかなかすを灰汁のように溶かし、

      その浮きかすをみな除こう。

      (旧約聖書 箴言25:4)

       

      しかし、おまえの上に再びわが手を伸ばし、

      おまえのかなかすを灰汁のように溶かし、

      その浮きかすをみな除こう

      (旧約聖書 イザヤ書1:25)

       

      信仰の試練は、火を通して精練されても

      なお朽ちて行く金よりも尊いの

      であって、イエス・キリストの現われのときに

      称賛と光栄と栄誉に至るものであることがわかります。

      (新約聖書 1ペテロ1:7)

       

       

      私の心に

      潜んでいる「灰汁」(=悪)が

      聖書のことばと聖霊のお働きで

      露わにされ

      「浮きかす」となって

      主イエスの血の力で

      「みな除去されていく」ことを

      願い祈ります。

      ハレルヤ!

       

      みなさまのワンクリックは
      大きな励ましとなります!
      カテゴリ:- | 07:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      輝く80代!
      0

        2017.3.21

        標茶町 桜町で

        行われた

        サポートハウス

        「鳩」の会

        ご一緒に聖歌を歌い

        お祈りをささげ

        聖書のお言葉に耳を傾け

        パンサキ(聖餐式)を行い

        昼食会

         

        私以外は皆80代!

         

        おひとりおひとりが

        人生について

        お語り始めると

        尽きることがありません。

         

        釧路空襲や

        標茶空襲の

        お話も聞けます。

         

        被災地福島県から

        避難されてきた方も

        おられて

        それはそれは

        貴重な体験談の数々です。

         

         

        とっても学ばされる

        ひと時です。

         

        身体の衰えを

        吹き飛ばす

        生き生きと語られる

        主イエスの素晴らしさの証の数々

         

        その霊的パワーに

        こちらが圧倒される思いです。

         

        少年、少女のような

        純粋な心で

        輝く80代の皆さんの上に

        祝福がありますように!

         

         今、ご覧のとおり、主がこのことばを

        モーセに告げられた時からこのかた、

        イスラエルが荒野を歩いた四十五年間、

        主は約束されたとおりに、

        私を生きながらえさせてくださいました。

         

        今や私は、きょうでもう八十五歳になります。

        しかも、モーセが私を遣わした日のように、

        今も壮健です。

        私の今の力は、

        あの時の力と同様、戦争にも、

        また日常の出入りにも耐えるのです。

        (旧約聖書 ヨシュア記14:10〜11)

         

        ですから、私たちは勇気を失いません。

        たとい私たちの外なる人は衰えても、

        内なる人は日々新たにされています。

        (新約聖書 競灰螢鵐硲粥В隠供

         

        みなさまのワンクリックは
        大きな励ましとなります!
        カテゴリ:- | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        「重たい雪」
        0

          2017.3.22

          朝から重たい雪が降り続けています。

          パートに出かける妻のために

          車の雪を下ろしましたが

          重いのなんの

          片手でできなくなってきて・・・

          五十肩かな・・・

           

           

           

           

           

           

          美しい

           

           

          雪の重みで

          垂れ下ってきた松の枝

           

          聖書のみ言葉の

          重みを受けて

          私の心も

          へりくだらされて

          歩みたい

           

          朝食

          ご飯おかわりしてしまい

          おなかの重みで

          気力が落ちないよう・・・

          励みます

           

          神は雪に向かって、地に降れ、と命じ、

          夕立に、激しい大雨に命じる。

          (旧約聖書 ヨブ記37:6)

           

          ヒソプをもって

          私の罪を除いてきよめてください。

          そうすれば、

          私はきよくなりましょう。

          私を洗ってください。

          そうすれば、

          私は雪よりも白くなりましょう。

          (旧約聖書 詩篇51:7)

           

          (クイズ)

          罪で黒ずんだ私たちの心を

          雪よりも白く漂白する力を

          もっているものはなあに?

          (答えは、ブログの最後に!)

           

          しかし、もし神が光の中におられるように、

          私たちも光の中を歩んでいるなら、

          私たちは互いに交わりを保ち、

          御子イエスの血は

          すべての罪から私たちをきよめます。

          (新約聖書 1ヨハネ1:7)

           

          こたえ:御子(みこ)イエスの血

           

          みなさまのワンクリックは
          大きな励ましとなります!
          カテゴリ:- | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          神に出逢う「釧路湿原」
          0



            2017.3.20春分の日

            帰省中の長男坊と

            達古武湖にて

            湖面は凍りついて一面真っ白

             

            シャーベット状の

            達古武湖

             

             

            塘路湖

            こちらも真っ白

             

             

            塘路湖「川の駅」

             

            細岡大観望

             

            故郷に戻るたびに

            きまって

            釧路湿原を訪れる息子

             

            「湿原の自然を見ると、自分が抱える問題が

            とてつもなく小さく見えてくるね」と息子

             

            正面に見えるのが阿寒富士と雌阿寒岳

             

            釧路湿原で、確かに

            創造主なる神に出逢ってまいりました!

             

            (湿原クイズ)

            釧路湿原の雪面に

            見られる次の(1)〜(3)の足跡の正体は?

            (答えは最後です)

             

            (1)

             

             

            (2)

             

             

            (3)

             

            主をほめたたえよ。

            すべて造られたものたちよ。

            主の治められるすべての所で。

            わがたましいよ。主をほめたたえよ。

            (旧約聖書 詩篇103:22)

             

             

                           

            クイズのこたえ

            (1)エゾユキウサギ (2)エゾシカ   (3)キタキツネ

            みなさまのワンクリックは
            大きな励ましとなります!
            カテゴリ:- | 06:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            | 1/766PAGES | >>