たいせつなきみ
0

    朝食に目玉焼きを

    いただきました。

     

    フライパンで焼いた目玉焼きを

    皿に移し

     

    皿から

    ご飯茶わんの上の

    ご飯にのせるべく移す際に

     

    うっかり

    黄身の表面の膜が破けて

    黄身が皿に少し流れ出て

    残ってしまいました。

     

    ああ、なんてもったいないことを

    してしまったんだろう。

     

    たびたび

    しでかしてしまいます

     

    なんとか梅干の皮で

    その流出した黄身をふきとって

    無駄にならないようにと・・

     

    かつて

    コレステロールが高かった私は

    健康診断の栄養指導で

    卵は1週間に2〜3個に

    とどめてください。

    と厳しく指導されました。

     

    某薬局の壁に

    コレステロール番付表なるものが

    掲示されていて

     

    それによるとコレステロールを増す

    「横綱」は卵の黄身で

    逆に減らす「横綱」は卵の白身

    という番付表を見て

    ???

     

    ・・・タマゴはだめなのかなあ?

    と戸惑ったものですが

     

    近年の研究では

    毎日食べても大丈夫だというふうに

    提案されるようにもなって

     

    私としては近年の研究成果を

    うれしく支持することを決めて

    毎朝

    目玉焼きか

    卵焼きを

    つくっていただく習慣となりました。

     

    なぜか

    コレステロール値は

    若干好転してきているようです。

     

    何はともあれ

    卵大好きな私にとって

    黄身が少しでも流れてしまうと

    とても「もったいない」感を

    覚えてしまいます。

     

    天地創造の神様にとって

    わたしたち一人一人は

    大切な存在

     

    神様は

    わたしたち一人一人に向かって

    語りかけておられます

     

    「きみは大切な存在だよ!」

     

    きみがむだなことに

    労力を費やすことがないように

     

    きみが無意味なことに

    人生を費やすことがないように

     

    きみが無理な生き方を

    することがないように

     

    わたしはきみが大好きだ!

     

    きみはわたしのものだよ!

     

    きみが少しでも

    わたしの愛から

    こぼれおちることがないように

    わたしは支えているよ

     

    きみがきみらしく

    わたしの手の中で輝いて

    歩めるように

    祈っているよ!


     わたしの目には、

    あなたは高価で尊い。

    わたしはあなたを愛している。

     

    (旧約聖書 イザヤ書43:4)

     

    神様がわたしたち一人一人を

    大切に思っている最大のしるしは

    主イエスの十字架

     

    今回のオリンピックで

    スピードスケート女子500メートルで

    銀メダルの韓国人選手と

    金メダルの日本人選手との

    素敵な友情が

    世界中のメディアで

    絶賛されていますね。

     

    韓国人選手が

    かつて

    韓国の試合会場で

    競技を終えた

    日本人選手に

    競技場から

    飛行場まで

    タクシーを呼んで

    タクシー代まで払ってくれた

    美談

    を日本人選手が
    分かち合ってくれました。

     

    相手を大切にしている証は

    大切なその人のために

    犠牲を惜しみなく

    喜んで払えること

     

    神はわたしたちを大切に思い

    わたしたちの罪をゆるすために

    愛する一人子

    イエスをこの世に遣わし

     

    主イエスは

    私たちの罪の身代わりに

    十字架でいのちを

    ささげるという

     

    史上最大の愛の犠牲を

    払ってくださいました。

     

    タクシーを呼んでタクシー代を払うことで

    友が無事に飛行場へ行けるように

     

    主イエスは

    十字架でいのちをかけることを通して

    信じる者が死んでも天国へ行けるように

    道を開いてくださいました。

     

    たとえ韓国人選手が

    タクシーを呼んで

    タクシー代を払っても

    日本人選手が

    乗らなければ

    そのまま・・・

     

    感謝して乗ったからこそ

    無事空港へ行けました。

     

    同様に

     

    私たちも神様の愛を

    信頼して感謝して

    その愛に乗っかることで

    天国へ無事に行けるのですね。

     

    ああ、なんて尊いことでしょう。

    これこそ

    人類の歴史史上最大の美談!

     

    世界中のメディアが

    こぞって

    十字架の犠牲愛の感動を

    告げ知らせられたら

    素晴らしいですね

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     

    カテゴリ:- | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    人生の中心軸
    0

      本日2月19日は

      あの地動説の提唱者として有名な

      コペルニクスの生誕日(1473年2月19日)

      コペルニクスは

      教会の司祭でした。

      天文学者であるばかりか

      「悪貨は良貨を駆逐する」ことに最初に気づいた

      経済学者でもあり

      数学者、医学者でもあり

      広い分野にわたり研究熱心だったようです。

       

      それまで常識とされた

      地球中心の天動説から

      太陽中心の地動説へと

      発想転換できた根底には

       

      絶えず

      人間的な常識を超える

      創造主の常識に満ちた

      聖書のことばへの

      信頼があったからでしょう。

       

      ちなみに

      今日は「天地の日」と

      呼ばれているそうです。

       

      へえ〜

      知りませんでした。

      天地を創造された神様は

      次のようにも語られていますね。

       


      天地は消え去ります。

      しかし、わたしのことばは

      決して消え去ることがありません。

      (新約聖書 マタイの福音書24:35)

       

      わたしたちも

      今日

      自分を中心に据えて

      生きようとすると

      プライド、自我でがんじがらめになって

      むしろ身動きがとれなくなり

       

      創造主なる神を

      中心に生かせていただこうと

      決心すると

      よりしなやかに

      より動きやすく

      なれる!

      ハレルヤ!
       

       

      みなさまのワンクリックは
      大きな励ましとなります!
      カテゴリ:- | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      金銀の輝き
      0

        女子スピードスケート500メートル

        銀メダリストの韓国選手が

        金メダリストの日本選手を

        「良い記録を出したね」と

        祝福すると、

        日本選手は「あなたに学ぶ点が多かった」

        と答え、

        互いに健闘を称え合った

        そうです。

         

        勝ち負けを超えた

        敬意の心

        相手を敬い合う姿勢

        政治家のみならず

        市井で生きる私たちが

        今日

        大切にしたい姿勢

         

        氷の上の滑りのみならず

        心のなめらかさも

        金銀に輝いているよう

         

        感動をありがとう!


        何事も利己的な思いや

        虚栄からするのではなく、

        へりくだって、互いに人を自分より

        すぐれた者と思いなさい。

        (新約聖書 ピリピ書2:3)

         

         

        みなさまのワンクリックは
        大きな励ましとなります!
        カテゴリ:- | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        教会のランチタイム
        0

           

          昨日教会でのランチタイム

          昭和6年お生まれのAさんは

          教会で出されるおうどんを

          いつも、おいしい、おいしいと

          満面の笑みを浮かべて

          食べてくださいます。

           

          お蕎麦か、おうどんか

          どちらがよろしいですか?と

          伺いますと

          決まっておうどんを注文されるAさん

           

          ちなみに、私はそば派です・・・。

           

          毎週日曜日礼拝後
          ご一緒に昼食をいただきながら

          人生の大先輩たちから

          昔話を聞かせていただけることは

          本当に幸せなことです。

           


          見よ。なんという幸せなんという楽しさだろう。

          兄弟たちが一つになってともに生きることは。
          (旧約聖書 詩篇133:1)

           

           

          みなさまのワンクリックは
          大きな励ましとなります!
          カテゴリ:- | 06:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          「金銀」に沸く日本列島
          0

             

            多くの方が

            力づけ、励まされましたね

             

            ラジオをかけながら

            テレビ映像を見る形で

            競技を観戦しました。

             

            ラジオはリアルタイムで

            こと細かく解説してくれて

            ありがたいです。

             

            数秒遅れて

            テレビ映像が流れます。

             

            ラジオで

            これから数秒先

            どうなるかが

            わかります。

             

            ラジオ解説者は

            ていねいに説明してくれるので

            素人の私にとっては

            助かります。

             

            それにしても

            日本が金銀のメダル受賞!

             

            あの札幌オリンピックの

            ジャンプ競技を思い出します。

            小学校4年生のときだったかなあ


             銀はわたしのもの。

            金もわたしのもの。

            ──万軍の主のことば──

            (旧約聖書 ハガイ書2:8)

             

            それにしても

            オリンピックで

            2回連続金メダルとは

            快挙、栄光再びですね!


             父よ、御名の栄光を現してください。」

            すると、天から声が聞こえた。

            「わたしはすでに栄光を現した。

            わたしは再び栄光を現そう。」

            (新約聖書 ヨハネの福音書12:28)

             

            フィギュアスケートの

            競技においては

            どのようなジャンプをするかが

            とても鍵になるんですね。

             

            まるで

            見えない「羽」が

            「生」きているかのよう

             

            羽があって・・・

            それで

            地上を飛び跳ねるものは

            食べてもよい

            (旧約聖書 レビ記11:20)

             

            競技後に

            けがをされていた

            右足に

            そっと手をあてて

            感謝の意を表され

             

            何度も

            感謝、ありがとう

            のことばを

            口から

            出されていたのが

            とても印象的でした。


             すべてのことにおいて感謝しなさい。

            これが、キリスト・イエスにあって

            神があなたがたに望んでおられることです。

            (新約聖書 汽謄汽蹈縫隠機В隠検

             

             

            ひるがえって

            私自身について言うと

            ペテロのように

            大胆に言えたら

            信仰の金メダルかな!?

             

             すると、ペテロは言った。

            「金銀は私にはない。

            しかし、私にあるものをあげよう。

            ナザレのイエス・キリストの名によって立ち上がり、

            歩きなさい。」

            (新約聖書 使徒3:6)

             

            さあ今日は日曜礼拝

            わたしの罪のために死んで

            葬られ

            死からよみがえられて

            天に昇り

            今、天の栄光の座で

            輝いている

            主イエスを見上げ

            させていただきましょうか!

             

             

             

             

            みなさまのワンクリックは
            大きな励ましとなります!
            カテゴリ:- | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            | 1/835PAGES | >>